口腔のコンドーム潰瘍の2周不愈警戒口腔がんには気をつけてください

先生、私の口の中で“のぼせ”は長い間の潰瘍、何ヶ月を沢山食べ「逆上をとる薬、総よくならない、まだ大きくなって.」聞いて患者の劉さんと述べ、医師の診察が」してみましたが、次の検証した医師の懸念は、例の口腔がん.専門家は、これは外来の最もよくあるシーン、口腔潰瘍遷延愈えない、幾多転々と調合して、最終的に診断口腔がん.長期の口腔の潰瘍の警戒が原因不明の口腔の潰瘍、簡単に処理に~さん週間後も無明らかに好転し、かつ潰瘍は拡大し、痛みなどの症状は、だんだん重くなったら、口腔がんの可能性を警戒して、直ちに医者にかかる.口腔癌の発生と喫煙・飲酒、ウイルス感染,局部刺激及び生活習慣などが密接に関連することが発生している.調査によると、75 %の口腔がん患者は長期煙草接触史と接触し、飲酒はたばこの発癌性(飲酒血管拡張、有害物質の吸収促進、有害物質の吸収)を促進、有害物質の吸収を促進、有害物質の吸収を促進、有害物質の吸収を促進、有害物質の吸収を促進、有害物質の吸収を促進、有害物質の吸収を促進、有害物質の吸収を促進,コンドーム、有害物質の吸収を促進、有害.また、長期咀嚼檳榔樹によって口内粘膜下線維がだけでなく、口腔粘膜に固くなる硬化、影響口腔機能が正常で、しかも一種の前がん状態.調査が見つかり、半数以上口腔がん患者口腔衛生に弱く、近いち/ご口腔がん患者の口の内に存在長期の機械刺激を含め、根っ子、殘冠、歯石や不良修復体など–鋭いエッジの粗い表面切り傷や粘膜に繰り返し潰瘍遷延愈えない、最終的に誘発悪性増殖. 口腔がん近年の様相を呈して2つの新たなトレンドは、若い化しており、さんじゅう歳以下の若い患者が増え、部分の患者は口腔がんと診断された時はにじゅう歳、二は女性患者の割合が増加.口腔環境を積極的に予防、口腔衛生を重視し、正確に歯を磨いて、虫歯予防、定期洁牙(スケーリング)、歯石除去.正規の医療機関には、正規の医療機関が修復治療を受けている.3、禁煙が少ない酒、檳榔樹檳榔樹など不良嗜好を変える.4、生活の規則、定時に勤務して勤務して.日夜倒錯、過労、機体免疫力が低下し、腫瘍の発生に有利である.五,以上に周不愈の口腔の潰瘍、はを重視し、タイムリーに素質の医療機関で診察を受け、芽生えの内に摘み取る.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です