あなたは長期堅持して、人のコンドーム体の利益に対して良いことを知っていますか?

ランニングは生活の中で比較的に眠りのダイエットやトレーニング方法、ランニングダイエットやジョギングは比較的簡単な1種の運動の方法として、みんなは駆け足を生が少ない中の1種の運動の方法ですが、みんなは知って走って体に対してすべてどれらのメリットですか、じゃ、今は紹介して.1、胃腸の中の長距離、食欲、消化機能を強化、栄養吸収、もちろん、もっと人にうらやましさせ、何食べも太っていない、ハハ
長期的に、筋肉中、長距離を強めることができて、心臓肺呼吸筋筋肉、首の筋肉、胸腔腕の筋肉は、筋肉や腰、臀部、太もも,ふくらはぎ、足などでの筋肉、各所に筋肉に積み上げにくくなら乳酸や二酸化炭素などの代謝物.走ることはすべての運動の基礎、あなたに参加する他のスポーツ運動に参加して、積極的な影響を与えることができます.さん、骨格長期中、長距離を高めることができます各関節の強さ、靭帯の柔らかさを増え骨格の強度、密度を避けるために、人を患う老年性骨粗鬆退化を見て、すべてのマラソン大会の耄耋老人から知ってランナーの骨格が丈夫になった.4、肺肺と呼吸システム長期的に、長距離、肺機能に強く、肺活量性の長期的な距離長距離、肺呼吸筋、呼吸器、肺機能が増強され、肺機能が増強された.私個人は毎年秋に1度の季節性鼻炎発作がとても苦難を苦しめて、しかし今年はジョギング後に再発しなかった、関係がありますか?5、肝臓の私は1度の健康診断の時、健康診断の医者はあなたの来ることを見て、これこそ健康の肝臓,コンドーム、表面血管の脈絡は明らかに,今このようなとても珍しい.脂肪肝除去脂肪肝、たくさんの走っていて、多くの友達はすべて検証して、とても有効です.6、心臓が走ることはあなたが強い心臓と心血管システム機能を持っています.酸素を最大に高めて酸素の量を同時に体に送り、各器官の働きが自然に大きくアップする.また、長距離競走は血液循環、冠状動脈に十分な血液供給心筋、各種心臓病予防.下肢の運動を通じて、プロンプト静脈血流回心臓、静脈内血栓症予防.7、血液が強力な心臓血管システム、走っている者の血液質も常人、体は長期にわたって長距離発生する適応は新陳代謝を改善し、コレステロールとコレステロールのレベルを下げます.はちを堅持し、目の長距離競走の人は毎日いち小さい時ぐらいの時間目直視遠く、目はとても良い休憩して、もしあなたの家が学齢の子、彼は毎日走り、目の近視の確率はきっと低下.きゅう、く、首、肩、脊椎よく座ってコンピュータの前で人に多かれ少なかれいくつかの頸椎、肩の問題は、正確な走る姿は背中が真っ直ぐ要求をリラックスして、持続的に頚椎や肩の不調を大きく改善して.じゅう、筋肉は丈夫そう弾力性のほか、よく走る人は筋肉組織も変化し、一定の体積の筋肉では毛細血管の分布数は大いに増加して、更に十分に効率よく、酸素を養分が.走る人は寒くてこのもこれと関係があるのではありませんか?いち.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です