「気持ち悪い、あなたのコンドーム悪い:透過憂鬱な内観力』談正念訓練にどう影響、うつ病患者

胡君梅(正念減圧スタジオ講師)

この本は詳しく述べてどのように運用正念協力うつ病患者の翻訳書.この本はさん位から心理学界の認知行動療法学者は、正念減圧(MBSR)の原則と実踐の運用は、うつ病患者は、うつ病の後続再発予防.さんの学者は認知行動療法学派の若干の概念と方法に正念減圧中、これを正念として認知の治療(MBCT)

<pという本を認知学派が得意な抽丝剥茧手法、はっきり現れてき正念訓練をどのようにうつ病患者の影響は面白い本.この期と次の日の文章は本の本を主軸として、簡単に本の中の内容は個人の読むことを分かち合うことを分かち合うことを分かち合う.<> 憂鬱の構成を<時>内容
p>と<終瞭このサイクルは、まず知って憂鬱自体のも無理はないではなく、その構成の内容から、心理学の角度から見ても含めた:心の中に感じ、考え、身体の感覚と行為.

p〉〈時は考え<>
私たちは通常、外部の境地で我々の感情と身体反応を誘発すると考えているが、本当の舞台裏の黒幕は実は我々がこの状況についての解釈に影響を与えると考えております、これから何が起こっても.これらの説明を受けてまた当事者自身の状況は左右して、もし当時の心理の感じは気落ちして、当事者がすぐに選択は最悪の解釈を拡大し、健在」とは

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です