無月にコンドーム中秋節

pは数月の第二の春節

を待つPの中秋節を連れて、1階の厚い“ベール”を持っていてPは向かい風から来て<P>と<P>に来て

決まり悪そう

Pは本来出現するはずの明月の明月

雲、強引に覆われれる雨帘

Pは少しも微弱な光が殘

には私は

と思ってます今年の中秋節は月がなくて

ですPというのはpはお腹の心事

でいっぱいですがpは酒の中

を持ってきてpは、秋風の霧雨

でしたP1仰向け首

時の哀愁

を飲み過ぎているpは酒量にはかつてない

を見ていないPは、秋風の霧雨

を借りているP中秋節

なんでもお酒を飲んでいる理由はなんですか?p>と<酔眼

私はあの1ラウンドの明月は私が彼女に無限に恋しいことを知っていて

を知っていて銀色の胸には

を送っていた<P>はPはあおむけで

を探していますP今夜は月がないですがP今夜は月がないですがには月にお花見にならなくても,Ppこの酒はまだ飲みますか.

pっていうのはまだ言いますか?

pこの想いはまだおに?

Pは,コンドーム、秋の風の雨は、私は冷たい秋の風に,私は、このように冷たい風の中で、このように思いました.嫦娥は来年、相思の夢を繍ことができると思います.

遠くの家族<P>で

としても故郷<P>は忘れないで家族を忘れるな

は忘れないで忘れないで

訛り忘れないで乡情

『p』思念時

Pは心の中のあの1ラウンドの明月

を見ますあなたが教えてくれます海の名月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です