尊老敬老の、誰も責任があります

 家族と一緒に街へ行く時、あなたをついていたかどうかはそれらの杖、載せて背中のやせて弱々しい姿がぽつんと行く;あなたに気づいて、もしかしたら、もと彼らの背中はやはりとてもとても、体も丈夫な、しかし今すでに歳月の流れ跡の下でだんだん低くなる、弱くなって.それでは、あなたは彼らに助けたことがありますか?一回の碗、1度の背中、あるいは1度の短い挨拶?

私は、この、この、私自身も少し恥ずかしいと思う.小さい頃から、私はいつも来て衣を労せずして飯を食べる、たまには彼らはいくつの声といらいらし.ため息の下、何の疲れも辛いと辛い.昔はわからない、遊びが好きなので、今ははっきりと、行動に移すべきで、死ぬ時、早く遅くなって.

       ;;;   なんか、土日、夜遅く寝るのにが、睡眠中に、ゆっくりと、わざとそのかすかに聞こえない音の足音は、おばあちゃんは私を愛した証.本当に寝つけないで、私はそっと起き、腰を避けて猫に降りて、トイレの明るい燈.足音が遠くて、私は緊張して歩きながら、テーブルの上には早く、早く、1枚の紙、おばあちゃん、あなたは苦労した.足音が聞こえ、すぐドアに隠れ、背中の後ろにはもう冷や汗がある.こっそりとおばあさんの方向を眺めて、彼女は早く、何反応があるのでしょうか.

Pは、それは、私は、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、.しまった、私は暴露した!まだ上り上がって、おばあさんは関心の声はすでに私の耳にはすでに私の耳にしています:“朝の朝の、また週末、どのように寝てしばらく寝ますか?言うことを聞くと、すぐ上にいって.」私は答えていません、転身に上がって、心の暖暖の.おばあちゃん、ありがとう、あなたの愛.

       ;;;   尊老敬老の、誰も責任があります.あなたは言いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です