薬剤師の就職先の調剤薬局とドラッグストア

薬剤師,就職

過去に大学の薬学部が4年制から6年制へ移行された影響で、医療業界は薬学部の新卒を2年間採用できない状況が生まれていました。そのため、医療業界では空前の薬剤師不足が起こったことがあります。現在では一時のような薬剤師不足の状況は脱してきていますが、今もなお薬剤師不足を抱えた業界は少なくないです。大学の薬学部の学生では、病院への就職を第1希望として考えている人が多くなっています。そのため、大病院などの薬剤師の採用は進んできていました。大病院に就職をすると、その後の転職がないことが新卒学生に人気となっていたからです。しかし、その反面で調剤薬局やドラッグストアでは、中々新卒の採用が進まない状況が生まれていました。大手の調剤薬局では、全国にチェーン店があるために就職後は転勤を命じられる可能性があることから、新卒学生に敬遠される動きがあったからです。しかし、近年では大病院などは薬剤師の定員が埋まってきたことから、調剤薬局チェーンでも新卒の採用ができるようになってきています。調剤薬局と同様にドラッグストアでも、人材を増やすことが急務になっています。ドラッグストアでは、生活用品などの販売が好調なため、新規出店を増やす状況があるからです。

薬剤師の就職における履歴書

薬剤師,就職

薬剤師が就職をする際に民間企業等であれば必ず履歴書を求められます。また薬剤師としての勤務ですので、薬剤師資格の証明書のコピーの添付も求められるのが一般的です。 また、転職をする場合には今までの職務経歴書の作成を求められます。そのため、この記載についてもしっかりとマスターをしておくことが求められます。特に自慢話ではなく客観性のある内容を採用する側の人事担当者は見る傾向にありますので、なるべく自慢話にならないように客観的に記載するように工夫をしてみることも有益です。なお、ハローワークなどを通じての就職であれば、履歴書や職務経歴書の記載内容などのチェックをしっかりとしてくれるので、出向くのが面倒だという人でも一度は足を運んで、ハローワークなどで見てもらうと、不備や訂正したほうがいいといったアドバイスを受けられることがあります。 企業などの雇用する側においては薬剤師としての就職の場合、資格者証明のコピーの添付を求められることが多くありますが、企業側からは特段指示がない場合もあります。ハローワークなどを通じての応募の場合は、ハローワークを通じて確認をするなどの事前に手抜かりがないように準備をしておくことが求められます。 80